本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

遺言執行者の選任

遺言によって遺言を執行する人が指定されていないとき又は遺言執行者がなくなったときは,家庭裁判所は,申立てにより,遺言執行者を選任することができます。

1 遺言執行者とは

遺言の内容を実現する者のことです。遺言の効力は、遺言者の死亡によって発生します。しかしながら不動産の名義変更など、遺言者の死亡後に手続きが必要な事項があります。遺言執行者の選任がない場合には、遺言者の相続人全員と協力して手続きを進めることとなります。

遺言執行者は、受遺者や相続人でもなることが可能です。また遺言中の特定事項に限って遺言執行者をつけることも可能です。

遺言執行者に選任されたものは自ら執行行為を行わなければならないのが原則です。しかしながら、あらかじめ復任権を遺言執行者に与えることで、遺言執行者が適宜復代理人を選任し執行行為をスムースに進めることも可能です(たとえば遺言執行者には親族を指定し、指定を受けた親族は復任権を利用し、具体的な執行を専門家に委任する方法)。

民法(明治二十九年四月二十七日法律第八十九号)

第千十六条 遺言執行者は、やむを得ない事由がなければ、第三者にその任務を行わせることができない。ただし、遺言者がその遺言に反対の意思を表示したときは、この限りでない。

 

2 申立人となることができる人

利害関係人(相続人,遺言者の債権者,遺贈を受けた者など)に限り、申立人となることができます。

 

3 申立先

遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に申立てをします。

 

4 申立てに必要な費用

  • 執行の対象となる遺言書1通につき収入印紙800円分
  • 連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所ごとにことなります。各裁判所HPあるいは問合せで確認する必要があります。)
 

5 申立てに必要な書類

  • 申立書
  • 遺言者の死亡の記載のある戸籍謄本(申立先の家庭裁判所に遺言書の検認事件の事件記録が保存されている場合(検認から5年間保存)は添付不要)
  • 遺言執行者候補者の住民票又は戸籍附票
  • 遺言書写し又は遺言書の検認調書謄本の写し(申立先の家庭裁判所に遺言書の検認事件の事件記録が保存されている場合(検認から5年間保存)は添付不要)
  • 利害関係を証する資料(親族の場合,戸籍謄本(全部事項証明書)等。受遺者の場合には遺言書より明らかであるので不要です。)
 

6 申立後の流れ

  1. 申立により家庭裁判所は遺言執行者選任の審判を開始します。
  2. 審判のために、申立人や候補者が家庭裁判所に出頭することは予定されておらず、出頭しないかわりに、申立人及び候補者宛に照会書が家庭裁判所から送付されます。
    1. 候補者に対しては、候補者の職業や遺産の内容等を確認します。
    2. 申立人に対しては、申立の経緯や候補者を挙げた理由等を確認します。
  3. 上記照会を踏まえ、家庭裁判所は審判を行い、遺言執行者を選任します。審判の内容は、審判書として申立人及び遺言執行者に送付されます。
  4. この審判書を、この後の登記手続等において利用することとなります。

家事事件手続法(平成二十三年五月二十五日法律第五十二号)

第二百十条
2  家庭裁判所は、遺言執行者の選任の審判をする場合には、遺言執行者となるべき者の意見を聴かなければならない。

第七十四条
審判は、特別の定めがある場合を除き、当事者及び利害関係参加人並びにこれらの者以外の審判を受ける者に対し、相当と認める方法で告知しなければならない。

バナースペース

ご相談から解決までの流れ