本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

相続財産管理人の選任手続き

1. 概要

相続人の存在が明らかでないとき(相続人全員が相続放棄をして、結果として相続する者がいなくなった場合も含まれます。)には、家庭裁判所は、申立てにより「相続財産管理人」を選任します。

相続財産管理人は、亡くなった方の債権者等(亡くなった方に対して金銭を貸していた人など)に対して被相続人の債務を支払うなどして清算を行います。清算後残った財産は国庫に帰属することとなります(なお、特別縁故者に対する相続財産が与えられる場合もあります。)。

 

2. 申立人となることができる者

利害関係人(被相続人の債権者、特定遺贈を受けた者、特別縁故者など)

 

3. 申立先

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

(被相続人の住民票の除票から確認します。なお静岡県東部には沼津、富士、熱海、下田、に静岡家庭裁判所の支部があります。)

 

4. 申立てに必要な費用

  1. 収入印紙800円分
  2. 連絡用の郵便切手(申立てをする家庭裁判所ごとに異なります。)
  3. 官報公告料(裁判所の指示をまって納付します。)
  4. 管理清算に必要な費用(各家庭裁判所ごとに取り扱いが異なりますが、相続財産の不足が認められるケースで予納を求められることがあります。)
 

5. 申立てに必要な書類

  1. 申立書
  2. 戸籍等
    相続財産管理人の選任を申し立てる場合には、戸籍上で相続人が確認できないことが必要となるため、必要となる戸籍謄本が非常に多くなります。
    1. 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍
    2. 被相続人の父母の出生時から死亡時までのすべての戸籍
      (被相続人の兄弟姉妹の有無を確認するため、「出生時から死亡時まで」のすべての戸籍が必要となります。)
    3. 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍
      (相続人となり得る子が死亡している場合には、代襲者となりうる孫等の有無を確認するため「出生時から死亡時まで」のすべての戸籍が必要となります。)
    4. 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍
    5. 被相続人の兄弟姉妹で死亡している方がいる場合、その兄弟姉妹の出生時から死亡時までのすべての戸籍
      (相続人となり得る兄弟姉妹が死亡している場合には、代襲者となりうる兄弟姉妹の子の有無を確認するため「出生時から死亡時まで」のすべての戸籍が必要となります。)
    6. 代襲者としての甥・姪で死亡している方がいる場合、そのおい又はめいの死亡の記載がある戸籍
    7. 被相続人の住民票除票又は戸籍附票
    8. 財産を証する資料(不動産登記事項証明書や通帳写し等)
    9. 利害関係人からの申立ての場合、利害関係を証する資料
    10. 財産管理人の候補者がある場合にはその住民票又は戸籍附票
  3. 官報公告料(裁判所の指示をまって納付します。)
  4. 管理清算に必要な費用(各家庭裁判所ごとに取り扱いが異なりますが、相続財産の不足が認められるケースで予納を求められることがあります。)
 

6. 手続の流れ

  1. 家庭裁判所は、相続財産管理人選任の審判をしたときは、相続財産管理人が選任されたことを知らせるための公告をします。
  2. 1の公告から2か月が経過してから、財産管理人より相続財産の債権者・受遺者を確認するための公告をします。
  3. 2の公告から2か月が経過してから、家庭裁判所は、財産管理人の申立てにより、相続人を捜すため、6か月以上の期間を定めて公告をします。期間満了までに相続人が現れなければ、相続人がいないことが確定します。
  4. 3の公告の期間満了後、3か月以内に特別縁故者に対する相続財産分与の申立てがされることがあります。
  5. 必要があれば、財産管理人は、家庭裁判所の許可を得て、被相続人の不動産や株を売却し、金銭に換えることもできます。
  6. 財産管理人は、債権者や受遺者への支払をしたり、特別縁故者に対する相続財産分与の審判にしたがって特別縁故者に相続財産を分与するための手続をします。
  7. 6の支払等をして、相続財産が残った場合は、相続財産を国に引き継いで手続が終了します。
 

7. 財産管理人の報酬

家庭裁判所の審判に基づき、相続財産から支払われます。管理人が勝手に管理をしている財産から支払を受けるということはありません。

ただし、相続財産が少なくて報酬が支払えないと見込まれるときは、申立人から報酬相当額を家庭裁判所に納めてもらい、それを財産管理人の報酬にすることがあります(さらにこの場合には、申立て段階で予納を求められるケースがあります。)。


バナースペース

ご相談から解決までの流れ