本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

相続手続きにおける戸籍収集

1. 相続手続きにおける戸籍収集の必要性

相続手続きをする際には戸籍を集めなければなりません。

しかも、その戸籍はその人の出生から死亡までと言われます。

これはどういうことなのでしょうか。

 

2. 戸籍収集による相続人の確定

その疑問への答えは「相続人の確定のため」です。

亡くなった方(Aさん)の相続人となり得る人は次の通りです。

  • 配偶者(夫または妻)
  • 子供
  • 直系尊属
    父母や祖父母などを指します。なお子供(あるいは孫)がいないことが条件です。
    父母も祖父母も生存している場合には、父母のみが相続人となります。
  • 兄弟姉妹
    子供(あるいは孫)も直系尊属もいないことが条件です。

配偶者の有無は、Aさんの死亡時の戸籍で判断が可能です(死亡前に離婚していた配偶者は相続人となりません。)。そのため「作業」というほどのことはなく有無が確認できます。

そうしてみると、相続人確定のためには「子供の有無」を確定することが第一歩だとわかります。
しかしながら、Aさんの子供の有無は、戸籍の変遷があることから、死亡時の戸籍だけでは判断できません。

 

3. 戸籍の変遷とは?

Aさんの戸籍は一生のうちにいくつかの変遷(婚姻、離婚、転籍など)を経ています。変遷を経るごとに新しい戸籍が作られるのですが、古い戸籍から新たな戸籍に移った時に全ての事項が新戸籍に引き継がれるわけではありません。

たとえば離婚後に転籍をした場合には、現在の戸籍からは離婚の事実はわかりません。離婚の際に、親権が離婚した配偶者に移っているのならば、子供がいてもAさんの現在の戸籍には載ってこないのです。
ほかにも、子が婚姻して戸籍から抜けた後にAさんが転籍していれば、Aさんの現在の戸籍には子は載ってきません。
転籍をしていなくても、平成に入ってから新たに戸籍がコンピュータ化された際に新戸籍が作られているために、コンピュータ化前に戸籍から外れた子が現在のAさんの戸籍に載ってこないということも考えられます。

つまりは、Aさんに関連する事項は、いくつかの戸籍を順番に確認していかなければ、その全てを確認することができないのです。

 

4. 子の有無を確認する

前置きが長くなりましたが、「なぜAさんの相続時にAさんの出生から死亡までのすべての戸籍を集めなければならないのか」という問いに端的に答えると、「すべての戸籍を集めなければ子の有無が確定できないから」となります。

 

5. 子がいないことが確認できたら?

子が有ることが確認できれば、Aさんの出生から死亡までの戸籍、子の現在の戸籍(子が現在生きていることを確認するため)を集めれば完了です。なお、Aさんに配偶者があるか否かは、Aさんの最後の戸籍を見れば確認できます。

仮に、子の無いことが確認できた場合には、Aさんの両親が生存しているかどうかを、Aさんの両親の現在の戸籍をとって確認します。生存する直系尊属の有無を確認するのです。

 

6. 直系尊属もいなかったら?

直系尊属もいないことが確認できたら、Aさんの父母の出生から死亡までの戸籍を集めます。Aさんの兄弟姉妹の有無は、父母それぞれの出生から死亡までの戸籍を集めなければわからないことは、これまでの説明をふまえればご理解いただけると思います。

バナースペース

ご相談から解決までの流れ