本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

遺相続関係の説明(パターン7)

それぞれの家族で、相続関係がどのようになるのか考えてみましょう。

下記は、相続人が不存在となるケースです。

設定

Aさんには妻はすでに他界しており、子供はいません。

Aさんの両親・祖父母はすでに他界しており、兄弟はもともといませんでした。

 

相続人となる人

この場合には、相続人となる人がいません。この場合の相続手続きについて考えてみましょう。

留意点の1つめ。相続人が不存在の場合、Aさんの相続財産について清算手続き(プラスの財産とマイナスの負債を整理する手続き)が行われます。

留意点の2つめ。上記の手続きは相続財産管理人によりなされます。

 

法定相続(遺言書がないケース)

相続人がいませんので、相続人不存在に基づく手続きが取られます。

債務等を整理してなお財産が残る場合には、残余財産は国庫に帰属(国のものになる)することとなりますが、一連の手続きは「相続財産管理人」によって執り行われます。

≪「相続財産の管理人」の詳細はこちらをご確認ください。≫

 

遺言相続(遺言書のあるケース)

遺言書のあるケースでは、遺言の内容に従い財産が承継されます。なお遺言によってAさんのすべての財産の承継先が決まらない場合には、残りの財産の承継先は法定相続によって決定されます。

遺留分をもつ相続人がいませんので、遺言の内容が最優先となります。

また遺言の中で「遺言執行者」を指定していれば、財産承継に絡む諸手続きを遺言執行者により完結させることができます。

≪「遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言)」の詳細はこちらをご確認ください。≫

 

遺留分

遺留分を持つ相続人は存在しません。

≪「遺留分に関して」の詳細はこちらをご確認ください。≫




≪「ご相談予約について詳細はこちらをご確認ください。≫

バナースペース

ご相談から解決までの流れ