本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

遺相続関係の説明(パターン1)

それぞれの家族で、相続関係がどのようになるのか考えてみましょう。

下記は、配偶者と子が相続人となるケースです。

設定

Aさんが亡くなりました。

Aさんには妻(B)と子供2名(C、D)がいました。

 

相続人となる人

この場合には、妻と子供が相続人となります。

留意点の1つめ。CまたはDが既に死亡していたがその子(Aさんにとっての孫)がいる場合には、CまたはDにかわって相続人となります(「代襲相続」といいます。この場合、CまたはDの配偶者は相続人とならないことにご注意ください。)。

留意点の2つめ。子供がいる場合には、Aさんの両親や兄弟姉妹は相続人となりません。両親や自身の兄弟姉妹に財産を残したい場合には遺言を遺す必要性があります。

 

法定相続(遺言書がないケース)

遺言書がないケースでは、Aさんの財産を相続人は次の割合で相続します。

B・・・1/2
C・D・・・各1/4

代襲相続により相続人となったCやDの子供は、その親であるCやDの相続する割合と同一です。

なお、法定相続が定めるのは、相続財産に対する各相続人の抽象的な持分割合に過ぎないので、具体的に財産の承継先を決定するには「遺産分割協議」を経る必要があります。

相続人間での遺産分割協議・調停・審判に関して

 

遺言相続(遺言書のあるケース)

遺言書のあるケースでは、遺言の内容に従い財産が承継されます。なお遺言によってAさんのすべての財産の承継先が決まらない場合には、残りの財産の承継先は法定相続によって決定されます。

Aさんが、自身の両親や兄弟姉妹に財産を承継させたい場合には、遺言を書いて、その中で意思表示をする必要があります。

遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言)

 

遺留分

以上の法定相続・遺言相続の内容にかかわらず、兄弟姉妹以外の法定相続人は「遺留分」により、一定割合の財産承継を請求することができるケースがあります。

上記の場合には、B・C・Dが遺留分を持つこととなります。


遺留分に関して

バナースペース

ご相談から解決までの流れ