本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

相続財産の調査(財産・借金の相続)

1. 相続の開始と財産承継

ある方が亡くなると、当然に相続が開始されます。「相続が開始される」というのは、亡くなった方のプラスの財産・マイナスの財産(借金・負債)の両方を承継するということです。

財産が借金よりも多ければ、相続による財産承継を否定する人は稀でしょう。

しかしながら、仮に借金の方が財産よりも多い場合には、相続の効果を否定したいと思うのが通常ではないでしょうか。

 

2. 亡くなった方の財産を確認する必要性

いずれにせよ、前提として亡くなった方の財産の状況を確認する必要があります。

しかしながら、ある方の財産・借金を確認するのは容易ではありません。ましてや生活を別にしていた場合などには、全く見当もつかないのではないでしょうか。

一方で、相続の効果を否定する場合には、裁判所に対して相続放棄の手続をとる必要があります。そして相続放棄の手続は、原則として「相続の開始があったことを知った時から3か月」以内に行わなければなりません。
≪相続の放棄とは≫

ある方が亡くなった場合、相続人となった方は迅速に財産の確認を進める必要があるのです。
では、具体的にどのように財産調査を進めていけば良いのでしょうか。

 

3. 財産の確認方法

財産とは、不動産・預貯金・有価証券などをいいます。まずは、亡くなった方が残していた郵送物や通帳を確認しましょう。代表的な財産の確認方法は次のとおりです。

  1. 不動産
    権利書や固定資産税納付書などで確認することができます。
    また市町村の役場に、固定資産評価証明書および名寄帳を請求することで、所有する土地・建物を確認することができます。
  2. 有価証券
    定期的に郵送物が送付されてくるのが通例ですので、なんらかの書面が残っているかと思います。それらをもとに証券会社等に「残高証明」あるいは「評価証明」を請求します。
  3. 預貯金
    以上と比べると、預貯金は特に毎年通知がなされるわけではないため、手元にある預金通帳をもとに確認を進めていくこととなります。預金通帳がない場合には、近隣の金融機関に照会するケースもあります。
    預金通帳には、日々の入出金が記録されています。そのため、未発見の財産・借金を発見する糸口ともなりうる重要なものです。
 

4. マイナス財産(借金・債務)の確認方法

マイナスの財産とは、ローン・キャッシング・保証などをいいます。財産と比べ、借金等の確認は、ときに亡くなった方ご自身が資料を秘匿してしまうこともあるため難しくなっています。
亡くなられてから数年たって、相続人宛にローン会社等から通知が来るというのは、よくある話です。

住宅ローンや自動車ローンであれば、書類等が残っていることが多いかと思いますが、キャッシングについては通知・郵便が破棄されているケースも散見されます。その場合には、信用情報機関に開示請求をすることによって状況を確認することが可能です。

  1. 銀行系 ・・・一般社団法人全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)
  2. 消費者金融系・・・株式会社日本信用情報機構(通称「JICC」)
  3. クレジット会社・・・株式会社シー・アイ・シー(通称「CIC」)

個人間での契約により保証人となっている場合、契約書が残っている場合などを除き、事前に発見することは困難となります。事後に、個人間での多額の保証債務が発見された場合には、相続放棄の手続を検討する必要があります。
≪相続の放棄とは≫


バナースペース

ご相談から解決までの流れ